肌のことを考えたら弱酸性

良い化粧品というとどういった化粧品になってくるのでしょうか。肌のことを考えるとスキンケアのための化粧品に関しては特に気を遣うことが必要となってくるのですが、自分の肌に合っている化粧品であるなどいろいろなことがわかっても現在化粧品はとても多くの種類がありますから、まずはどういったものを手にとったらよいのかよくわからなくなってしまうという人も多いと思います。まずは大きく分けて使ったほしい化粧品を紹介してみましょう。

人の肌は弱酸性となっています。これは最近では知っているという人も少なくないでしょう。ボディソープなども弱酸性のものが多くなってきていますし、実際にそれを確認して購入する人も多いでしょう。これはそのまま顔にも言えます。弱酸性の肌に使用する化粧品ですから弱酸性の物を選択するということが大事なことになってきます。

選ぶなら弱酸性を

アルカリ性の化粧品の影響は?

アルカリ性の化粧品などもありますが、こういったものは肌への刺激となるだけでなく、肌に大きな負担をかけてしまうということもあります。実際にアルカリ性の化粧品を使用することで

  • 肌が弱くなる
  • 日焼けしやすくなる
  • 細菌が繁殖しやすくなる

といったことなどが考えられます。

代表的なところでは、石鹸などがあげられます。石鹸はスキンケアの中でももっとも基本となるものとなってきますが、その石鹸がアルカリ性であると肌には大きな負担をかけることができますからまずは石鹸を考えてみるとよいでしょう。